親はTVゲームを楽しいモノと認める

最近の子供は外で遊ばなくなった。家でプレイステーション2、
ニンテンドーDS、PSP、Xボックス360といったテレビゲーム、
もしくはパソコンでインターネットばかりしている

このような話をよく耳にするし、実際にそうです
それを聞いていて、勝手に思うことですが・・・


「そりゃ、そうだろう」


なぜならば、ハッキリ言って、ゲームは面白いからです
昔のファミコンでもあんなに面白いと感じたのに、今でも
ゲームのクオリティは進歩する一方です

ファイナルファンタジーやドラゴンクエストは
大の大人たちも楽しめるぐらいの完成度となっています
さらに輪をかけるようにオンラインゲームといった
新たなゲームも出てきています


ゲームに夢中になる男の子


当たり前のことですが、それだけ面白いゲームを子供たちに
好き勝手にやらせていたら、子供たちはそれ以外のことに目も
くれなくなります


言ってみれば、最初から超高級な食べ物ばかりを食べさせて
いるようなモノですね

それを子供がどっぷりゲームにハマった後、ムリヤリ、
ゲームは面白いモノじゃない、外で遊びなさいと言い聞かせようと
してもムリです。勝手な親の都合というモノです


子供たちは、よりムキになってゲームから
離れようとしなくなります


よって、まずは親のアナタが受け入れることが大事です
「ゲームは子供を軽く中毒にするぐらい危険で面白いモノ」だと
いう認識が必要です

そして、外で遊ぶことはそれよりも楽しいモノだと
子供たちに外で遊ぶ楽しさを教えてあげましょう!

その他の管理サイト一覧


スポンサードリンク