三角ベースの遊び方

普通の野球と違い、セカンドが無いベースボール
上から見ると三角形になるため、三角ベースと
呼ばれています

小学校で給食後の昼休みなどに、よくやっていました
人数が少なくても出来たからですね

三角ベース

三角ベースのやり方


基本的なルールは野球と同じですが、柔らかい
ゴムボールを使用していました

なぜならば、ランナーに当ててもアウトという
ルールがあったからですね。「ぶつけあり」とか
言っていました

地方によって、ルールは変わると思います
あと特殊なのが「透明ランナー」ですね

人が少ないので、ヒットを打ったら一塁にランナーが
いるということにするんですよ。そうすることで、
少ない人数でも遊べるんですね


人数はテキトーに集まった人数で二つに割っていましたが、
多く集まった場合は普通に野球かソフトボールをしました
しかし、サッカーが好きなヤツ、竹馬にハマっている子など、
クラス内でも遊びが分かれるので三角ベースをすることは
多かったですね^^

その他の管理サイト一覧


スポンサードリンク