男性に求めること。

"男性は基本、子育てに疎いことが多い。
以下は私の経験談であり、すべての男性に当てはまるわけではないのでご了承願いたい。
赤ちゃんが泣いても、どうして泣いているのかわからずしばらくおろおろしている。
おむつ替えをしてもらえば手順がなっておらず、ちんたらしている。
プラス、ボタンつけがちぐはぐで、そのまま完了したという顔をしている。
赤ちゃんの寝かしつけが下手で、いつまでも泣かせてしまう。
母親から見ると、父親の子育てはイライラしてしまうことが多々あるのだ。
これはあくまで私の場合は、であるが。
しかし、ふと考えてみた。
男性と女性は、基本的に体の構造が違うし役割が違うのだ。
女性は妊娠すると、自分の体にもう一つの命を宿し、自分の体に余分な脂肪を蓄えて本能的に子供を守ろうとする。
10か月間、身重で不自由な生活をし、そして命がけで出産をする。
今度は出産したとたん、24時間営業の子育てロボットと化す。
一方男性は、自分の体に命を宿したわけでもなく、出産という一大事業を成し遂げるわけでもなく、子供が生まれた後は自身の仕事があることが大半なので、夜泣きには100%の力では付き合えない。
私は子供が生まれてから、幾度となく、「なんて気が利かないのだ、うちの旦那は。」と思ったが、こうして男女の肉体的な違いを挙げていくと、腑に落ちる部分も多い。
女性は、その体と体が赤ちゃんと繋がっていたのだから、わかるのだ、なんとなく。
それを男性に求めるのはちょっと無茶な気がする。
しかし、男性にはそこを経験でカバーしていってもらいたい。
たくさんおむつ替えをし、たくさん寝かしつけをし、コツをつかんで、ぜひ奥様にひと時の休息を与えて頂きたい。
"

その他の管理サイト一覧


スポンサードリンク