子供のために、学資保険と毎月積み立て

"自分が子供を持ったときに一番になにを考えたかというと、やっぱり子供にはそれなりの学歴を身につけさせてあげたいという事でした。
今の時代と昔とでは随分様変わりして、高校卒業しただけではろくな就職先もありません。
かといって大学を出て良い就職先が見つかるかどうかも分かりません、最近は大卒でも就職浪人が増えていますから。

それでも私は子供には大学まで行って欲しいと思います。
私自身、大学に行きたくてもお金が無くて行けませんでしたから。

だから子供が生まれた年には学資保険に入りました。
子供が20歳になると満期金額200万になるタイプです。
勿論途中でも一部が受け取れるシステムで、小学校入学、中学校入学、高校入学、それぞれの時期に30万づつ受け取れます。
ただ、その30万を受け取らずにそのまま貯蓄しておくこともできるので、私は貯蓄にまわしています。
貯蓄することで預金利息がつくようになります。びびたるものでしょうが。

これだけで一応大学の入学資金にはなるはずです。
あとは毎月決まった金額を子供用の銀行口座に入れています。

将来子供が大学に行かなかったとしても、これだけは子供に残せてあげられる唯一のものですから。"

その他の管理サイト一覧


スポンサードリンク